HOME  > 法人・事業主のお客さま > 中小企業動向調査(大阪シティ総合研究所) > 巻頭随想、調査レポート

中小企業動向調査(大阪シティ総合研究所)

 大阪シティ総合研究所では、専属スタッフが中小企業経営のさまざまな課題等を調査し、分析結果を調査レポートでご提供しています。
 地元中小企業の動向や実態を明らかにするため、昭和42(1967)年6月からお取引先企業を対象に、四半期ごと定例の「景況調査」と、経営に関する諸問題をテーマとする「特別調査」を実施しています。
 調査結果については、その都度、報道各社に資料配布するとともに、当金庫ホームページに掲載するなど、広く活用いただいています。
 さらに、当該調査結果データや地域の統計資料等を収録した調査レポート『調査季報』(昭和42年8月創刊)を四半期ごとに発行し、お取引先企業のほか、報道各社、行政機関、他の研究機関などに提供しています。
 これら長年にわたる取り組みにより、大阪における歴史ある確かな中小企業研究機関として認知され、各方面から厚い信頼をいただいています。今後とも、中小企業の実態把握に役立ち、適切な施策を促すなどして、中小企業と地域の発展に寄与できることを目指してまいります。

【 『調査季報』 巻頭随想】

PDFファイルをダウンロードしてご覧いただけます。

2022年1月(No.218)中小企業とデジタル社会 大阪商業大学大学院 教授 明石芳彦

2021年10月(No.217)決断と覚悟 大阪産業大学 経済学部 教授 富澤拓志

2021年7月(No.216)”早く到来した未来”から学ぶ人材育成法 大阪商業大学 総合経営学部 教授 太田一樹

2021年4月(No.215)VUCA時代に活路を開く 関西大学 名誉教授 大西正曹